木造併用住宅 上棟式

営業部 柳澤です。

先日、木造2階建てで建設中の併用住宅の上棟式が行われました🏡

今回は竹花組の設計施工で工事を行っています。

実際に建つと図面を見て想像するより大きく感じます。

 

 

 

上棟式の様子です。

棟梁と現場監督で建物の四隅に塩、お酒、水をまき、四方祓いを行います。

水の代わりにお米を使うこともあります🌾

回り方にも決まりがあり、初めは鬼門のある北東から時計回りに進みます。

 

 

 

祭壇に向かい手締めを行います。

こちらの地域では、「しゃんしゃんしゃん おしゃしゃん しゃん」と3回繰り返しながら手を叩きます👏

その後お神酒を乾杯して今回は終了です。

 

 

 

下の写真は棟札(むなふだ・むねふだ)です。

上棟を記念して、棟木・梁など建物内部の高所に取り付けるお札のことをいいます。

神々に感謝をし、家の守り神として祀ります。

手置帆負神 たおきほおいのみこと(工匠の神)

屋船久久能知神 やふねくくのちのかみ(建築用材の木の神)

屋船豊受姫神 やふねとようけひめのかみ(家屋守護の神)

彦狭知神 ひこさりしのかみ(工匠の神)

が祀られています。

以前までは女性の神様が嫉妬してしまうため、上棟式には女性は出席できなかったそうです。

 

 

今後も無事故で工事が完成できるように進めていきます。

以上、ありがとうございました。

         お知らせの一覧に戻る

お問い合わせ

工事のご依頼やご相談などは以下からお気軽にご連絡ください。

0267-53-2345

お問い合わせ

エントリーフォーム

求人のエントリーはこちらからご連絡ください。

エントリーフォーム