中佐都4工区 現場見学📷

こんにちは❗

広報室 依田です😊

今回は、令和元年度 社会資本整備総合交付金(道路)工事 中佐都4工区の現場見学をさせていただきました❗

 

 

 

みなさんはICTをご存じですか❓

ICTとは、Information and Communication Technologyの略称で情報通信技術を指します💻

建設業でもICTの導入が進められ、様々な技術が普及しつつあります❗

 

 

中佐都4工区では、「ICT建機」の導入をしています✨

 

ICT建機にも種類があり、おおまかに「マシンコントロール」と「マシンガイダンス」の2種類に分けられます🙂

「マシンコントロール」とは、自動車の自動運転のようなもので、設定された数値に合わせて操作をアシストしてくれます。

「マシンガイダンス」とは、自動車のカーナビのようなもので、設計の位置を教えてくれます。

 

 

今回はマシンコントロールのブルドーザーが導入されています❗

 

 

そしてなんと・・・❗そのブルドーザーに乗せていただきました👏

 

ご指導をしてくださっているのは、現場代理人の川井さんです🙇

 

 

ブルドーザーの運転席はこのような感じになっています❗

上のモニターには、今回の図面が登録されており、設定されている数値や地面の勾配などが映っていました🖥

 

 

実際に座ってみると結構高いです😲

 

 

 

ブルドーザーで地面を一定にした後は、舗装工事が行われます❗

たくさんの工程を経て、道は完成するのですね✨

 

 

今回初めてブルドーザーに乗せていただきましたが、やっぱり経験と慣れは大切だと感じました😅

 

初心者が操縦をしてもICTマシンコントロール建機なら、一定の高さにならすことが可能です。

 

これまでの建設業は「長年の経験」が大切というイメージがありましたが、ICTの導入によって作業効率の上昇や「誰でもできる」身近さを感じることができますね❗

まだまだ課題は多くあると思いますが、ICTの普及が進むことで、建設業に興味を持ってくれる方が増えると嬉しいです✨

 

 

次回も現場見学の様子を掲載しますので、お楽しみに🍄

         お知らせの一覧に戻る

お問い合わせ

工事のご依頼やご相談などは以下からお気軽にご連絡ください。

0267-53-2345

お問い合わせ

エントリーフォーム

求人のエントリーはこちらからご連絡ください。

エントリーフォーム